« マトリョーシカ柄の「バッグ in バッグ」 | トップページ | Novosibirskから連れてきた猫、近況 »

2012年6月25日 (月)

ロシア、6月の白樺の森、夏毛のリス

ロシアのアカデムガラドク(Novosibirsk市、元祖「学園都市」)は、
町の近くに森があるのではなく、
白樺の森の中に町(アカデミータウン)がある。
P6034657

6月、冬の間仮死状態にあった、
白樺をはじめ、あらゆる植物が
一気に生長をはじめ、花を咲かせ、結実する。

Image07

Novosibirskのスタッフ(ベレスタの仕入れ担当者)が、
6月のリスの写真を送ってきた。
Belko_2

Belko_1
夏毛(茶色)に変わった、大人のリス。
耳の先に房毛がある。
Belko_5

Tomskのべレスタ職人が、6月初めの写真を送ってきた。
Tomsk
この白樺の幹の、黒い帯のように見えるところは、
過去にそこから樹皮がはぎとられたことを物語っている。
薄皮を残して、表皮だけを取ると、
薄皮は黒く厚みを増し、
木自体はその後も成長をつづける。

今でこそ、この白樺は、節くれだって黒いひび割れが目立つが、
若いころはさぞ美しい木肌であったことだろう。

べレスタの材料として使える、木肌の美しい白樺の木は、
100本に1本、あるかないか。

Bijin
その1本を求めて、
べレスタ職人は5月、6月、
白樺の森を1か月ほどかけて採集キャンプに出る。

Img_8373
そんなこととは つゆ知らず
今日もセレーナは ひたすら・・・

« マトリョーシカ柄の「バッグ in バッグ」 | トップページ | Novosibirskから連れてきた猫、近況 »

ベレスタ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/352640/45854014

この記事へのトラックバック一覧です: ロシア、6月の白樺の森、夏毛のリス:

« マトリョーシカ柄の「バッグ in バッグ」 | トップページ | Novosibirskから連れてきた猫、近況 »