2018年1月12日 (金)

ベレスタ紹介サイトリニューアル

ベレスタ紹介サイトをリニューアルしました。
Binfo

ひとつひとつが職人の手作り、ロシアの白樺細工。
職人の手仕事で作られるベレスタは、デザインや用途が多種多様、職人の個性と思いが込められていて、自分好みを見つけるのもひとつの楽しみです。

私がロシアで、木の皮で作られたというベレスタを初めて見たときの驚き・・・
 こんなの初めてみた
 こんなのあると思わなかった

存在が信じられず、一つ買っては、眠りつくまで眺め、目覚めて再びベレスタを見て、(あぁ、夢じゃなかった)と再び感心していました。

店頭で見たときは、(ふ~ん)ぐらいにしか思わなかったベレスタが、購入して自分の手に収まると、いきなり愛着が湧いてくるのも不思議でした。

それを日本のお客様にお届けしたときにも、感動的なコメントが寄せられ、ベレスタの魅力を実感したものでした。
Binfo2
ひとつひとつが職人の手作り、ベレスタを手にする人たちにとって、ベレスタ一つ一つとの出会いが、思い出深いものになればと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月 8日 (水)

ベレスタの天然石付きブレスレット

模様を型押ししたベレスタに、貴重な天然石、美しい人工石が施されたブレスレット。
<シベリアのベレスタ>に入荷しました。

1.マラカイト(クジャク石)は、
深い緑色に明るい緑の縞が入っています。
ロシアのウラル地方で産出されますが、ロシアでの人気が高いので、アフリカのコンゴやザイール産もロシアでたくさん売られています。

2.ゴールドストーン(金砂石)は、
明るい茶のガラスに金色の粒(銅)が練りこまれた、人造石です。
とても微細な粒がキラキラと輝き、うっとり見入ってしまう魅力のある石です。

Img_0697

3.琥珀(こはく、アンバー)は、
もちろん、ロシアのカリーニングラード産。
ちょっと写真映りが悪いですが、透明感あり内包物がキラキラ反射してきれいです。

4.ターコイズ(トルコ石)は、
市場のアクセサリーとして色が均質の合成物が出回っていますが、こちらは天然石。
くっきりとした乳青色は存在感があり、ロシアでも人気です。
Img_0696

5,6.キャッツアイ(猫目石)
輝きが猫の目のように見えることから、この名前がついています。
天然もありますが、こちらは人工物です。ロシアには高品質のキャッツアイを製造する工場があります。

Img_0695

7.グリーンアゲート(瑪瑙、めのう)
さまざまな色と透明感のある瑪瑙がロシアで採れますが、こちらはグリーン(深緑)。
落ち着きを与えてくれる存在です。
Img_0694

20170306_073157

ベレスタは皮膚を刺激せず、アレルギー成分もないため、素肌に付けても安心。
輪を広げて腕を通しますから、どんなサイズの腕にもつけられます。
目立たず、でも目を惹く、不思議な存在感です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年6月 8日 (土)

ベレスタ赤ちゃん靴いろいろ

 白樺樹皮で作られた「赤ちゃん靴」は、小さくて、か弱くて、失われやすいもの。まるで厳しい自然の下で生きる人間のようです。

 でも、この小さな赤ちゃん靴には、大きな願いがこめられています。

 ☆赤ちゃんが元気に歩き出しますように・・・
 ☆旅の無事を祈って・・・
 ☆倒れた方が、立ち上がり、もう一度、最初の一歩を踏み出せますように・・・

20130325_fae579
★ 4.5㎝の赤ちゃん靴

20130325_deec95
★ 4.5㎝の赤ちゃん靴

赤ちゃん靴を作れる職人はとても限られています。
3~4mmの細い樹皮紐を緻密に編んで作るため、
とても器用で指の細い人でなければできません。
また高齢で目が悪くなると作ることができません。

ですから、ベレスタの制作を推進している人たちは、指の細い器用な若い女性を見つけると、「赤ちゃん靴を作りませんか」、と誘います。
制作が大変な割に収入はわずかなので、作ってみようという職人はなかなか現れません。

一方で、今まで作っていた職人が、「高齢で手先が鈍くなった」「目が見えなくなった」と言って制作を辞めていきます。

20130325_d35442
★ 6㎝の赤ちゃん靴

20130225_4ba1ce
★ 小人の靴 6㎝

20130429_e3932e
★ 小人の靴 左8㎝ 右6㎝

20130110_17dc20
★ 9㎝の靴のオーナメント
この9㎝も、この職人が制作可能な最大限の小ささ。
このサイズなら、綿を詰めて針刺しにしたらいいのでは、とも思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年6月 7日 (金)

シベリアの森の動物とベレスタ

シベリアといえば寒いところ、という印象ですが、逆に夏(6~8月)はさわやかですごしやすく、体力・気力ともに充実する季節です。
E7

学校だけでなく、働く人々も、6月にもなれば長期夏休みをとって、自然豊かなダーチャ(別荘)やキャンプ、保養地で充実した時間を過ごします。

ロシアの政治、社会には厳しい面もありますが、その中でも人々が明るく、心豊かな(人間が大きい)のは、自然と共存する時間を大切にしているからだと思います。

E2

正直、ロシアに長く暮らしていると、辛いことも多々あります。

「ロシアは嫌い、だけど、ロシアに住みたい」

この矛盾した気持ち、ロシアに住んだことのない人には実感できないかもしれません。
苦しみが大きいほど、解放されたときの喜びも大きい・・・Mの人向きです。

「ロシアは臭い肥溜めのようなものだ。ただし家族の匂いのする懐かしい肥溜めだ」
そんなことわざがあるそうです。肥溜めと聞いて「懐かしい」と思える人にはご理解いただけるかも・・。

森の動物たちにとって、餌の豊富な豊かな森は、幸福の象徴。
シベリア地方のベレスタ職人は、豊かさと幸福にあやかろうと、
森の動物と食べ物を組み合わせた絵柄のベレスタをよく作ります。

20120817_3ea255
夏毛のリスが、松の実(まつぼっくり)を食べているところ。

8a53f7490d
リスは地上に降りて、キノコを食べることもあります。

20130324_f07042
漫画チックなリスは、一見すると猫か何かに見えます。
リスが地上でキノコを・・・意外な組み合わせを思い出さないと、なんだかわからない絵柄です。

B4def710ea
哲学でも考えているような目つき、「うらめしや〜」の手の形(何かを食べているよう}、一言でいえば「シュール」なリスです。
ロシア人に聞くと、「ごくごく普通のリスだよ」とのこと。

8260294cc3
ハリネズミが背中にキノコをくっつけて運んでいる。
でも彼自身は背中のキノコを取れなくて、絵本の中ではクマや他の動物に、背中の食べ物をプレゼントする、気のいい奴。

20120820_9c5ee7
キノコ、松の実、ベリー、たくさんの食べ物が描かれています。

20130419_7a5ea8
杖を突き、カゴをもって、ベリーやキノコ、山菜をとる人間の姿と、
背中にリンゴを指して歩くハリネズミの姿がオーバーラップ。
グリブニックというキノコ採り名人についての記事には、この姿の人間版があります。

20121124_7b2221
さてさて、ダーチャ(田舎の木造小屋)に住む猫たち。
首周りの毛が多く、手足が短いので、これはサイベリアン・フォレスト・キャットにちがいありません。

冬期間、飼い猫は飼い主の住む狭い集合住宅で窮屈な生活を送り、
夏になるとダーチャにつれてこられ、ダーチャ周辺をなわばりに半野生の生活を送ります。
夏の終わり、ダーチャを離れる家族に連れられて町にもどりますが、
時には放浪がすぎてダーチャに置き去りにされることもあります。
家族は一冬中、猫が生き延びているかどうか心配します。
翌年の初夏、家族がダーチャに戻ると、一回り大きくなった猫に会えるそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年7月 2日 (月)

一瞬だけ存在した 幻のベレスタ

Dscf9582

Dscf9580


2004年に、ロシアのNovosibirskで、
あるロシア人が、趣味で作った
白樺樹皮工芸品べレスタの アロマケース
ハーブなどの葉っぱをいれると、香りが部屋に広がるそうです。

趣味で作っているから、職人とは呼べない。
同じものは作らない。
あえていえば、「神の手」を持つ、気まぐれな芸術家。

そしてこの作品は、日本の購入者への輸送途中、某運送会社のミスで、箱ごとつぶされてしまった、
悔やんでも悔やみきれない逸品。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月25日 (月)

ロシア、6月の白樺の森、夏毛のリス

ロシアのアカデムガラドク(Novosibirsk市、元祖「学園都市」)は、
町の近くに森があるのではなく、
白樺の森の中に町(アカデミータウン)がある。
P6034657

6月、冬の間仮死状態にあった、
白樺をはじめ、あらゆる植物が
一気に生長をはじめ、花を咲かせ、結実する。

Image07

Novosibirskのスタッフ(ベレスタの仕入れ担当者)が、
6月のリスの写真を送ってきた。
Belko_2

Belko_1
夏毛(茶色)に変わった、大人のリス。
耳の先に房毛がある。
Belko_5

Tomskのべレスタ職人が、6月初めの写真を送ってきた。
Tomsk
この白樺の幹の、黒い帯のように見えるところは、
過去にそこから樹皮がはぎとられたことを物語っている。
薄皮を残して、表皮だけを取ると、
薄皮は黒く厚みを増し、
木自体はその後も成長をつづける。

今でこそ、この白樺は、節くれだって黒いひび割れが目立つが、
若いころはさぞ美しい木肌であったことだろう。

べレスタの材料として使える、木肌の美しい白樺の木は、
100本に1本、あるかないか。

Bijin
その1本を求めて、
べレスタ職人は5月、6月、
白樺の森を1か月ほどかけて採集キャンプに出る。

Img_8373
そんなこととは つゆ知らず
今日もセレーナは ひたすら・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月23日 (土)

猫モチーフ の べレスタ と サイベリアンフォレストキャット

猫モチーフのべレスタは、とても珍しい。
20120414_abc448_3
20120414_635a58_2
この窓枠に2匹の猫が座っている絵柄は、
イラストレーターのラザレバ・リュボフィが、
猫好きの日本人のためにデザインしてくれたもので、
べレスタ職人が、縁かがりの上等な小物入れに仕上げてくれた。

シベリアに生きる猫、と言えば、
長毛で美しいが、根は野生的な
サイベリアンフォレストキャットだ。
20111105_7e9264_3
このバレッタの猫は、しっぽが膨らんで、手足が短い、サイベリアンそのものだ。

Cat1

Cat4

これらは、サイベリアンフォレストキャットの写真。

私が二匹目の猫と初めて出会ったとき、
そのしっぽが下の写真のように、
扇のように開いて、左右に揺れていた。
だから、その猫に「シッポ」と名付けた。

Cat3

ロシアにいた頃、
白樺の樹皮に白樺の森を描く画家ナターリャと仲良くなった。
ナターリャは真冬に路上で絵を売っていた。
Img_8610_4
私は彼女の絵を買い占めて、
寒いので部屋に呼んでお茶をごちそうして、
それから親友のように打ちとけるようになった。

ナターリャは
私の二匹の猫セレーナとシッポが
白樺の森に生きる姿を描いてくれた。
Img_8611_3

いつかこの世から、セレーナとシッポがいなくなって、
私もいなくなって、
この絵だけが二匹の存在の証のようになるかもしれない。

Photo

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年5月24日 (火)

★芸術的に美しい食器、 白樺透かしプレート

Plate

円形の、華やかな、白樺透かし彫りのお皿。
樹皮を二重合板にしたものに透かし彫りと装飾が施されています。

010
直径21.5cm、深さ4.5cm
白い縁かがり -- 縁と連結部は白い柳の樹皮でかがられています。
熟練職人の作品で、カッティングに迷いがなく、断固とした美しさです。

005
直径17cm、深さ6cm
縁かがりがなく、縁の丸いカットがやさしいイメージを醸し出しています。
カッティングだけでなく、小花のような模様押しがとても繊細でかわいいです。

012
直径24cm、深さ5.5cm
大きいお皿です。
食卓のパン皿、お菓子プレートにいかがでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年4月25日 (月)

ベレスタのスリッパ、白樺を履く

ベレスタのスリッパ、 私は昨年の夏から室内ではいています。
B828afa9dc

ベレスタのスリッパをはくと
白樺樹皮を身にまとっている感覚に刺激され、
スリッパもお部屋もきれいにしなくちゃ、
と気が引き締まります。

P2_2

私のサイズは24㎝で、スリッパは30㎝のものです。
ゆるいのですが、すっぽ抜ける感じはありません。
間違って踏みつけたり、折ったりしても裂けませんでした。
樹皮というより牛皮のようです。
とはいえ、踏まないように、折らないように・・と気を付けるところから、物を大切にする心が育ちます。

3a7425f888 左右の違いがあるスリッパ。
内側のトップが短くなっています。

B01bc4c10b 左右の違いがないスリッパ。
トップの左右の長さが同じです。

P1 夏は抗菌効果を発揮しますから素足にもOK。
冬は暖かいです。   

C2e3e5a194 北海道の老人から聞いたエピソード:
太平洋戦争中、日本の軍隊宿舎では水虫が大発生したが、
ある部隊の宿舎では、皆が水虫に罹患しているとき一人
だけ大丈夫な人がいた。どうしてその人が水虫に罹らな
かったか、というと、その人はアイヌ出身者で、軍隊の
宿舎でもアイヌの習慣で白樺のスリッパを履いていたと
のこと。白樺の抗菌効果で水虫にならなかったという話
です。


8688d59245 ベレスタの草履。サイズは23㎝。
10d8f71fa4 職人技ですねぇ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年4月 7日 (木)

美しいべレスタ

美しいべレスタが届きました。
New

20~25㎜の大粒の天然石
赤いカーネリアン。透明感があります。
水色のターコイズ(トルコ石)。
輝く琥珀色はもちろん琥珀。

Img_4006
側面も美しい。

Img_4019
内側にも赤ちゃんの素肌のような上質の白樺樹皮が使われています。

Img_3999
大きいんです。
15x10cm、深さ5cm

ところが、大きいために★訳あり★になってしまいました。
乾燥すると、フタに反りが出てしまうのです。
002

カットして接着するタイプのべレスタは、
接着剤が乾燥すると縮んで反りが出やすくなります。
サイズが小さい場合、反りは目立たないんですが、
この15㎝もある大きなフタでは、堂々と反ってしまいました。

反っていてもフタは閉まりますし、上から見る分には反りは見えないので、
利用上の問題は全くないと思われます。

が、この★訳あり★のため、
この作品は市場に流れず「お蔵入り」となりそうです。

職人さん、ごめんなさい。

追記:

「訳ありですが」・・とサンプルをお送りしたショップ様から、「訳ありでもすばらしい」とご評価いただきました。

カット&ペーストの宿命である「反り」をできるだけ減らすよう職人に要望し、今後も入手できるよう努力します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧