2017年3月 8日 (水)

ベレスタの天然石付きブレスレット

模様を型押ししたベレスタに、貴重な天然石、美しい人工石が施されたブレスレット。
<シベリアのベレスタ>に入荷しました。

1.マラカイト(クジャク石)は、
深い緑色に明るい緑の縞が入っています。
ロシアのウラル地方で産出されますが、ロシアでの人気が高いので、アフリカのコンゴやザイール産もロシアでたくさん売られています。

2.ゴールドストーン(金砂石)は、
明るい茶のガラスに金色の粒(銅)が練りこまれた、人造石です。
とても微細な粒がキラキラと輝き、うっとり見入ってしまう魅力のある石です。

Img_0697

3.琥珀(こはく、アンバー)は、
もちろん、ロシアのカリーニングラード産。
ちょっと写真映りが悪いですが、透明感あり内包物がキラキラ反射してきれいです。

4.ターコイズ(トルコ石)は、
市場のアクセサリーとして色が均質の合成物が出回っていますが、こちらは天然石。
くっきりとした乳青色は存在感があり、ロシアでも人気です。
Img_0696

5,6.キャッツアイ(猫目石)
輝きが猫の目のように見えることから、この名前がついています。
天然もありますが、こちらは人工物です。ロシアには高品質のキャッツアイを製造する工場があります。

Img_0695

7.グリーンアゲート(瑪瑙、めのう)
さまざまな色と透明感のある瑪瑙がロシアで採れますが、こちらはグリーン(深緑)。
落ち着きを与えてくれる存在です。
Img_0694

20170306_073157

ベレスタは皮膚を刺激せず、アレルギー成分もないため、素肌に付けても安心。
輪を広げて腕を通しますから、どんなサイズの腕にもつけられます。
目立たず、でも目を惹く、不思議な存在感です。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2014年7月11日 (金)

ロシア雑貨のマグネット(磁石)

●● ロシア雑貨のマグネット(磁石) ●●
裏面に直径6㎜の小さい磁石がついています。

Mag000

●● にぎやかな動物園 ●●

20140512_f1af40

●●マトリョーシカ風カランコロンおきあがりこぼし●●
20140512_5c52be

20140512_399daa

●●ミニマトリョーシカ(3ピース、5ピース)●●
20130212_b4cbfe

M51a

元気になれるロシア雑貨、いろいろ入荷しました。
ショップさんに引き取られるのを待っています。

| トラックバック (0)

2013年7月 8日 (月)

手鏡・ハンドミラー、隠れた身だしなみ、男性にも

ロシア、大ノブゴロドの職人から、ベレスタの手鏡が届きました。

デスクのそばにおいて、ちょっとお顔をチェックしたり、
バッグに入れて、電車やバスでちょっとお顔をチェックするのに便利なサイズです。

Img_17432

20130701_aec5cf
持ち手つきの手鏡。幅9.5cm、長さ17cm

20130701_5f4594
20130701_c81119

四角い携帯用手鏡。
8.5x8.5cm
男性的なデザインなので、男性へのプレゼントにもいいですね。

20130701_a7dffa
小さいハート型の手鏡。 6x6cm
目とか口とか、お顔の一部だけを映します。
とってもかわいいです。

Img_1743
白樺樹皮で作られ、模様とロシア語のメッセージが刻印されています。
表裏の樹皮は、白樺樹皮の紐で縁かがりされています。

自然素材で使うたびにほっと癒されます。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2013年6月18日 (火)

使いたくなる白樺カゴ

世の中、
いろいろな形やサイズのカゴがありますが、
あってもあっても、また見ると欲しくなる、

カゴは私にとって、「見てはいけないものシリーズ」。

まず猫が入りそうなサイズのカゴに出会ったら素通りできません。
猫もカゴを見ると必ず入って、丸くなったり、ちょこんと真ん中に座ったり。

我が家の新しい猫(名前はまだない)も、隠れ家カゴが気に入ってます。
Img_1575_2

更に、大きな壁掛け用カゴを平らにおいて、猫カゴにしようか、と悩み中・・。
010c

食器タイプのカゴは、

ペーパーナプキンを敷いてスナックを入れて、ソファーでくつろぐときのお伴に。
Img_1576
こんな感じで、ビヤガーデンやスナック(お酒飲むお店)で出したら、場がなごむなぁ、と思います(もちろん、もっとおしゃれなお菓子を入れて)。

20130325_e1780b
20130617_7b0455
20130606_da26c7

| コメント (0) | トラックバック (0)

2013年6月 8日 (土)

ベレスタ赤ちゃん靴いろいろ

 白樺樹皮で作られた「赤ちゃん靴」は、小さくて、か弱くて、失われやすいもの。まるで厳しい自然の下で生きる人間のようです。

 でも、この小さな赤ちゃん靴には、大きな願いがこめられています。

 ☆赤ちゃんが元気に歩き出しますように・・・
 ☆旅の無事を祈って・・・
 ☆倒れた方が、立ち上がり、もう一度、最初の一歩を踏み出せますように・・・

20130325_fae579
★ 4.5㎝の赤ちゃん靴

20130325_deec95
★ 4.5㎝の赤ちゃん靴

赤ちゃん靴を作れる職人はとても限られています。
3~4mmの細い樹皮紐を緻密に編んで作るため、
とても器用で指の細い人でなければできません。
また高齢で目が悪くなると作ることができません。

ですから、ベレスタの制作を推進している人たちは、指の細い器用な若い女性を見つけると、「赤ちゃん靴を作りませんか」、と誘います。
制作が大変な割に収入はわずかなので、作ってみようという職人はなかなか現れません。

一方で、今まで作っていた職人が、「高齢で手先が鈍くなった」「目が見えなくなった」と言って制作を辞めていきます。

20130325_d35442
★ 6㎝の赤ちゃん靴

20130225_4ba1ce
★ 小人の靴 6㎝

20130429_e3932e
★ 小人の靴 左8㎝ 右6㎝

20130110_17dc20
★ 9㎝の靴のオーナメント
この9㎝も、この職人が制作可能な最大限の小ささ。
このサイズなら、綿を詰めて針刺しにしたらいいのでは、とも思います。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2013年6月 7日 (金)

シベリアの森の動物とベレスタ

シベリアといえば寒いところ、という印象ですが、逆に夏(6~8月)はさわやかですごしやすく、体力・気力ともに充実する季節です。
E7

学校だけでなく、働く人々も、6月にもなれば長期夏休みをとって、自然豊かなダーチャ(別荘)やキャンプ、保養地で充実した時間を過ごします。

ロシアの政治、社会には厳しい面もありますが、その中でも人々が明るく、心豊かな(人間が大きい)のは、自然と共存する時間を大切にしているからだと思います。

E2

正直、ロシアに長く暮らしていると、辛いことも多々あります。

「ロシアは嫌い、だけど、ロシアに住みたい」

この矛盾した気持ち、ロシアに住んだことのない人には実感できないかもしれません。
苦しみが大きいほど、解放されたときの喜びも大きい・・・Mの人向きです。

「ロシアは臭い肥溜めのようなものだ。ただし家族の匂いのする懐かしい肥溜めだ」
そんなことわざがあるそうです。肥溜めと聞いて「懐かしい」と思える人にはご理解いただけるかも・・。

森の動物たちにとって、餌の豊富な豊かな森は、幸福の象徴。
シベリア地方のベレスタ職人は、豊かさと幸福にあやかろうと、
森の動物と食べ物を組み合わせた絵柄のベレスタをよく作ります。

20120817_3ea255
夏毛のリスが、松の実(まつぼっくり)を食べているところ。

8a53f7490d
リスは地上に降りて、キノコを食べることもあります。

20130324_f07042
漫画チックなリスは、一見すると猫か何かに見えます。
リスが地上でキノコを・・・意外な組み合わせを思い出さないと、なんだかわからない絵柄です。

B4def710ea
哲学でも考えているような目つき、「うらめしや〜」の手の形(何かを食べているよう}、一言でいえば「シュール」なリスです。
ロシア人に聞くと、「ごくごく普通のリスだよ」とのこと。

8260294cc3
ハリネズミが背中にキノコをくっつけて運んでいる。
でも彼自身は背中のキノコを取れなくて、絵本の中ではクマや他の動物に、背中の食べ物をプレゼントする、気のいい奴。

20120820_9c5ee7
キノコ、松の実、ベリー、たくさんの食べ物が描かれています。

20130419_7a5ea8
杖を突き、カゴをもって、ベリーやキノコ、山菜をとる人間の姿と、
背中にリンゴを指して歩くハリネズミの姿がオーバーラップ。
グリブニックというキノコ採り名人についての記事には、この姿の人間版があります。

20121124_7b2221
さてさて、ダーチャ(田舎の木造小屋)に住む猫たち。
首周りの毛が多く、手足が短いので、これはサイベリアン・フォレスト・キャットにちがいありません。

冬期間、飼い猫は飼い主の住む狭い集合住宅で窮屈な生活を送り、
夏になるとダーチャにつれてこられ、ダーチャ周辺をなわばりに半野生の生活を送ります。
夏の終わり、ダーチャを離れる家族に連れられて町にもどりますが、
時には放浪がすぎてダーチャに置き去りにされることもあります。
家族は一冬中、猫が生き延びているかどうか心配します。
翌年の初夏、家族がダーチャに戻ると、一回り大きくなった猫に会えるそうです。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2013年1月11日 (金)

幸福のてんとう虫のバレッタ、白樺と職人、技の競演

030_2
白樺樹皮で作られたバレッタ(髪飾り)。
真ん中に幸福のシンボル、てんとう虫が乗っています。

062
木の皮でこんなにも細かく美しい細工ができるなんて、
まさに天然白樺とベレスタ職人の技のコラボレーション。

髪に飾るよりは、ブローチにしたいかも。
Img_0775
金具は左右2か所でねじ止めされているので、
ネジを外せば金具も外れます。

| コメント (0) | トラックバック (0)

冷たい空気と白樺の香りが詰まったロシアのベレスタが入荷しました。
雪下ろし・雪かきの筋肉痛もおさまったので、そろそろ営業再開。
2865_2

白樺のトートバッグと四角マットはひっさびさの入荷です。
白樺樹皮には脂分があるので、水をはじき、しなやかで、すべすべしているのだそうです。
私のお肌にも脂分ほしいわぁ・・。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月27日 (木)

ベレスタ重厚縁かがり、ちょうつがい式の小物入れ

かわいくて実用的なベレスタの小物入れが入荷しました。

裁縫道具や乾燥食品、小物を収納できる、ヒンジ(ちょうつがい)タイプのフタがついた、木の小物入れです。

Jf057_2 Jf009b_3_3 Jf051_3

熟練職人の技巧が細部にまで施されていて、

初めて見た人は「こんなの見たことない!」と驚くこと間違いなし。

長く愛用できる実用品です。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月20日 (木)

クリスマスツリーに飾りたいベレスタのオーナメント

大ノブゴロドというロシアの古都から、クリスマス向け白樺工芸品が到着しました。
Nov2_2
ショップ様がお待ちかね、
さっそくお店(卸販売)に出します。

004_3  
猫の手も借りたい・・・?、いいえ、要りません
お願いごとは一つ、「よだれ、たらさないで」。

018

白樺樹皮で作った、女の子の人形です。
髪は麻紐。
丸いカッティングと型押しの装飾が、丁寧に施されています。

026
さらに素朴な、ベレスタの天使

029
鐘(ベル)

031
内側の樹皮は白くて、輝いているように見えます。
ベルの芯もちゃんとついています。

細い樹皮紐で縁かがりされていて、繊細な手作り感に心くすぐられます。
木のほっこり館があり、クリスマスツリーやテーブルに飾ったら、とてもよい雰囲気が出そうです。素朴ですが、デザインはとてもよく工夫されています。

職人手作りのため、たくさんは入荷できませんでした。
全国のベレスタ好きの方にお届けできたらうれしいんですが・・・。
Nov1

| コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧